・ENTRY  ・CATEGORY  ・ARCHIVE  ・COMMENT  ・PHOTOBOOK  ・PROFILE  ・(C)2017 Zig-Zag・
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.08.20 Sunday

ヘリコイドアダプターその2

 

昨日の記事でもう一つアダプターを買ったと書いたが

それはPixcoのM42/M42のヘリコイドアダプターだ

厚みが12mm~19mmで差が7mm

 

先日買ったKIPONのM42レンズ/フジXのレデューサーアダプターと組み合わせ

KONICA-S3本来の47mm位への焦点距離で使おうというわけだ

 

なので一旦組み込んだKONICA-S3のレンズを

それらの設定に合わせるべく再度組み立てた

ヘリコイドの繰り出し量が違うので

最短で今度はセンサーから35cm程度になった

 

画角も広くなったので当然の事に

映る範囲が広がってくるので

見た目では数字以上の差がある

 

 

約47mmになっての最近接 柔らかめな写り

 

 

 

 

レデューサーとヘリコイドを使うため

レンズ部はかなり薄めでないとバックフォーカスが合わない

M42エクステンション1が1枚だけ

 

 

 

 

カメラに取り付けたがフレアがかなり出るので(ハロなら狙いだが)

レンズを付けたエクステンションに持っていたTakumar28/3.5の被せ式フードが

ピッタリはまるので広めだし効果の程は?だがそれを取り付けた

なんかこれでは距離環や絞り環の無いAFレンズみたいだな

 

 

ついでにベス単の1本とエクザクタのレンズもレデューサーに合うように変更した

そうすると色々合わせると35mm換算でフジXマウント対応

約15/35/47/65/74/120mmに直近マクロ専用という変造改造レンズが揃ったことになる

もっとも真当なレンズはベス単のデジタル用に変更した74と120mmのみで

他はカメラレンズと言うにはかなり無理のあるものだけどね

 

これはこれで面白くていいのだ

 

 

 

 

 

2017.08.19 Saturday

今度はKONICA-S3なのだ〜ヘリコイドアダプターその1

 

またまたハードオフでKONICA-S3のジャンクが転がっていた

前のS(48/2.0)と違ってS3は47/1.9ということで

レンズそのものが代わっている

なぜかコニカの製品にぶち当たるが

有名どころのメーカーでないから売れ残ってる事が多いのかも

 

今回はネットで見ていたら

M42からライカMマウントへのヘリコイドアダプターが安くてあったので

買ってみたのだが繰り出しが約6mm約12mmあるので

以前から持っていた通常のアダプターと組み合わせてみたところ

近接が出来てセンサーから約22cm位まで寄れた(下の写真)

 

これがヘリコイドの方なら

ダブルヘリコイドになってもっと近接が可能になるが

通常の使用ではこの位で充分だろう

もっともM42仕立てだから

レンズ自体がクルクル廻るので簡易ヘリコイドにはなってしまうけどね

 

最近接で撮影

 

 

 

レンズはいつも通りで組み立てる

ヘリコイドアダプターは

PixcoM42レンズ/ライカM変換と

K&FのライカMレンズ/フジX変換

 

 

実はもう一つアダプターを買ったのだが

ちょっと試してみないと結果が解らないので

また後日

 

 

付記:タイトルとヘリコイドの名前等を追記変更しました 8/20

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.08.18 Friday

 逆さだと思うよ普通

 

Photobookにエスカレーターからの写真を

 

貼っていて貼ったが

 

撮った時に気がついたが

 

Peko & Pokoと書くなら

 

このポスターのペコポコの位置は

 

逆の方がいい思うけどな

 

って帰りに正面から

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.08.18 Friday

 朝令暮改

 

 

 

 

Photobookは50枚にして

気にったものだけ残すと

書いたばかりだが

やり始めると

結構面倒

 

 

だから緊張感がなくダラダラ

それはそれでいいのか

前のもの振り返る

格好良く言えば

温故知新

 

 

 

 

 

 

 

2017.08.17 Thursday

 新宿クラシックカメラ博

 

 

今日は新宿高島屋で開催中の

新宿クラシックカメラ博に行ってきた

 

カメラ博と言っても中古カメラやレンズの即売会なのだが

見るだけの予定だったが

LM変換アダプターとM42からフジXマウントへの

変換レデューサーアダプターが安く売っていたので買ってきた

 

レデューサーの方は以前から気にはなっていたが

ちょっと高めなので止めといたんだが

中古では余り出ないし安いので思わずということです

 

これでたまには普通の写真でも撮るかな

 

 

 

 

 

 

 

2017.08.17 Thursday

 グルグル

 

 

Photobookを整理してタイトルを付けカメラやレンズ名を外した

 

適当に改造改変したレンズが今はほとんどなので

普通では手にはいらない場合も多いから

なんの参考にもならないだろうと思うし

写真だけを考えれば

正直なところカメラやレンズなんてあんまり関係ないと思うし

 

ちゃんと撮っている人の写真では

たしかに良さそうなレンズ(性能的に)だなというのも

確かにはあるけどね

 

番号を外してタイトル付けたけど

前にも書いたがタイトルを付けると

どうしてもちょっとキザな名前になりがちなので

普通の言葉やそれに近いものにした

 

でなぜ番号でなくタイトルにしたかというと

50枚で入れ替えていこうと考えたからなのです

 

新しいものを入れて古いものを外すのではなく

今気に入っている50枚に限定して

好きなものは残りそれほどでもないのは外すという方法

中には復活するのもあるかもしれない

 

人は同じようなものなら数十枚見て飽きがくると思う

だから本当はこのブログの1ページ最大の

30枚が良いと思うのだけれども

そこまで達観してなくて煩悩を捨てきれないので

選ぶのに頭の中がグルグルとして絞りきれないのです

とりあえず悩んで50枚選んだ

 

グルグル グルグル

 

 

 

 

いいもの選べてすくい上げられたかな

 

 

 

2017.08.15 Tuesday

 写真考〜それでいいじゃないか

 

 

 

世の中で上手い写真だとか下手な写真だとか言う人いるけど

美味いか美味くないかはラーメンだけで十分だ

そのラーメンが美味い美味くないかは人それぞれ違いから

自分として好きか好きでないかでいい

 

それでいいじゃないか

 

人それぞれ個性があってただの普通のスナップだって

その人にとっては好きな写真なんだと思う

そこには上手いも下手もない

表現方法は人それぞれ

 

それでいいじゃないか

 

自分の好きなものを好きに撮って

見て戴けるだけで十分だ

 

それでいいじゃないか

 

どんなカメラでどんなレンズを使おうと

 

それでいいじゃないか

 

だからやっぱりPhotobook

表現方法などを変更しようと思う

 

情報開示しなくても

 

それでいいじゃないか

 

それで見て戴く事が無くなっても

 

それでいいじゃないか

 

 

 

追記:8/16 Photobook修正済み

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.08.10 Thursday

 スポンジマクロレンズの運命は

 

前の記事(7/24・26)でKonica現場監督のレンズを取出し

新たにレンズ群をでんぐり返したりして組み込んだ

スポンジマクロレンズにした事を書いて撮ったりもした

(Photobookのphoto-36から-39)

 

またしてもハードオフをうろついていたら

ゴチャゴチャとしたフィルター類の箱の中に

MACRO +10なんて虫眼鏡のようなフィルターがあった

 

ようするにクローズアップレンズなのであるが

それこそ小さめな虫眼鏡代わりになるだろうと数百円なので買ってみた

 

 

 

 

でカメラのレンズ(Konica-S開放)の前にあてがって撮ってみたら

当然のことながら拡大して撮れる

通常のマクロレンズとは違うようだけれど

レンズ先端から約5cmでセンサー位置から約15cmになる

フォワっと柔らかめなマクロ写真が撮れた

 

って事は通常のレンズに付けて撮れば

現場監督の改造スポンジマクロレンズは要らない運命って事かな

 

FUJI X-Pro2 + Konica-S 変造レンズ + クローズアップレンズ 

 

 

いわゆるマクロレンズってのは昔仕事の資料用で使ってたことはあったが

普段は必要ないからマクロレンズもクローアップレンズも使ったことがないし

歪があったりするけど虫眼鏡でも代用できると聞いていたけど

ここまでのクローズアップレンズってあるんだね

 

 

 

 

 

 

2017.08.08 Tuesday

Konica-Sの変造レンズの最終形態〜今のところ

 

結局のところ

場面によっては過剰なフレアを抑える程度に

したいということで

絞りとフードとフィルターを兼ねた

被せ式マルチアダプター的なものに落ち着いた

フィルターを変えれば他にも色々出来るしね

 

絞り羽の無い本当の開放と

期待通りに行くかは未知数だけど

ちょっと抑え気味にしたい位の場合に役立つかな?

 

どうしてももっと絞りたい場合は

フィルムキャップに穴開けたのを持っていって

撮る時にレンズの先端にあてがってやれば良いからね

結局のところ開放とチョイ絞りとソコソコ絞りの3種類

 

 

 

 

フィルターに黒プラ板とゴムパッキンを張り

前に使ってたフジのX100用のアダプターが

径と深さが丁度良かったので付ける

 

 

 

 

 

ライカLマウントのエクステンションに被せる

ちょっと緩かったので

内側にテープを張って抵抗をもたせれば外れにくくなる

 

被せ式マルチアダプターをカメラに付けた姿

エクステンションに巻いてあるウレタンスポンジは

指あて兼飾りみたいなもので意味はない

 

 

 

 

フィルムケースのキャップ部分に穴を開けたもの

板状のものと違って高さがあるから指で持ちやすい

上の写真のレンズの前に撮るときだけあてがってやれば良い

ほとんど出番はないと思うが

いろいろ試してるからボロボロだな

 

 

 

 

穴の大きさを変えたりフィルターを変えたりと

色々出来るなこれで

とりあえず今はこういうスタイルで

 

 

 

 

 

2017.08.07 Monday

 夏の終わりまでは

 

 

 

 FUJI X-Pro2 +  Kodak VPK 改変レンズ

 

 

 

 

夏が終わるまでは

 

浜には近寄らない

 

カメラなんぞ持っては

 

ただ

 

通りすがりに

 

釣人を撮る