SORT   ・  DATE   ・ NOTE   ・  FOTO 
2019.03.24 Sunday

 手

 

 

 

 

FUJI X-Pro2 + Jupiter-3 50/1.5

 

 

 

 

外人 真似 手水 

 

 

 

 

 

2019.03.23 Saturday

タイトルが思い浮かばぬ

 

 

タイトルが思い浮かばない そういう事で 何も書けない

 

ただ こういう色が好き ただそれだけ

 

 

 

 

FUJUI X-Pro2 + WTULENS 17/16.0  Soft-Focus

 

 

 

そうか 好きな色 ってタイトルでも良かったか 昨日の続きで 枯色でも良かったか

 

 

 

2019.03.22 Friday

黄緑は早春 若者の色

 

 

夏の深めの緑より 春先の新芽が出ている頃の黄緑色

 

やはり 新入生や新入社員などの若者に ふさわしい色だ

 

 

 

働き盛りは 充実の緑 老年は深緑 引退すれば茶色で あとは枯色・・・

 

 

 

 

FUJI X-Pro2 + WTULENS 17/16.0   Soft-Focus

 

 

 

 

2019.03.21 Thursday

黄色輝く

 

 

タイトルほど大袈裟なもんではないが というか雄大だとか綺麗だとかは いつも無縁なので

 

置かれた自転車と野花 これらの自転車は この何でも無い花を避けて 置いてあるようにも見える

 

やっぱり どんな花でも 咲いてるところに 自転車は置けないよな 存在感のある 黄色の野花

 

 

 

FUJI X-Pro2 + WTULENS 17/16.0 Soft-Focus

 

 

 

2019.03.21 Thursday

桜色に染まる

 

 

 

陽の光が直射で眩しいし レンズにかぶるので 手をかざして撮ったら 

 

その手をかすめた光が射してピンク色に こうやろうとしたのではいけど 桜色に染まって

 

その上 フレアとかゴースト(楕円の形)で なんとも不思議に変だし ゴーストも形が変だ

 

 

 

普通のゴーストは 絞り羽根の形で出るが このレンズは固定絞りで ただの小さな円形(F:16.0)

 

斜めから入った光が 楕円形になってセンサーに届いたって事で レモン形になっているのかで綺麗ではないな

 

こういう写ルンですのレンズで そこまで要求するのは 無理ってものかも

 

 

 

 

FUJI X-Pro2 + UTULENS 17/16.0   Soft-Focus

 

 

 

 

2019.03.20 Wednesday

青に埋もれた

 

 

ほぼRAW現像したままで 明度調整はしたが 色については補正はしてない

 

アンダーだったので 少し明度上げたら 全体が青がかぶった感じになった 

 

リアルな色じゃないが これはこれでこれなんで 雰囲気でこれにしておいた

 

 

 

年重ねるごとに これだ それだ あれだ とかの代名詞が多くなって来る

 

度忘れとかも多くなる 認知症の始まりか おいおい

 

昔 年寄りが物忘れがひどくなって とか言ってたのは 今で言う認知症の軽度のやつなんだろうね

 

以前は 一般的には認知症なんて言わなくて ボケてきたね で済んでたけどね

 

 

 

肝心な色の話だけど アンダーなのを明度のみ上げると 青味が強く出るらしい

 

なので色相調整をしないといけないらしいが 写真はリアルだけが良いわけではないので

 

やっっぱり これはこれでありなんだと思う 使ってるモニターの調整でも色は違って見えるし

 

見てる人間の目でも 違いはあるので そのへんは自分のイメージで判断すればいいと思う

 

結構極端に変えたりしてる人もいるし 撮って出しだとこだわっている人もいるし 色々

 

 

 

 

FUJI X-Pro2 + WTULENS 17/16.0   Soft-Focus

 

 

 

 

2019.03.19 Tuesday

ブルブルでは落ちないので センサークリーニングした

 

 

 

レンズ交換のデジタルカメラが3台ともに カメラ内のセンサークリーニングでは

 

ブルブル(実際にはしないけど)しても 落ちない汚れがあるので 新たにクリーニングキットを買った

 

特にピンホールレンズで写すと より多く目立つので この際に掃除することにした

 

キットと言っても ブラシやブロアはあるので 洗浄液とホウキみたいな洗浄用具のみ

 

 

 

昔は店まで買い出しに行かなきゃならないが 今は通販があるので便利

 

なのはいいが 小売店がねー厳しくなってます 人口の多い大きな都市の 品揃えがある店ならともかく

 

個人経営の小さな店で 商品数がないなら尚更だ 商売や仕事替えした人も多いだろう

 

交通費が要らないで その上安く品揃えが多いんだから もう致し方ないよな 色々変わりゆく世の中 

 

 

 

 

さて肝心のセンサークリーニングキットだが フルサイズ用で フルもハーフも兼用で使う

 

フルは横方向にハーフは縦方向に拭いていけば フルサイズ用でもなんとかなる 4/3では兼用は無理かも

 

この程度の掃除なら メーカーに出さなくて 自分でやったほうが良いと思うし

 

説明書は英語だけど それほど説明書読まなくても 常識的に普通にやれば問題なし 

 

スティックに程々に液をつけて ゆったりと行ったり来たりすれば 簡単にできる 

 

 

 

 

 

 

 

2019.03.18 Monday

そんなこんなで大仏さんへ

 

 

そんなこんなで 寄り道しながら大仏さんへ 着いた

 

長谷の大仏で有名だが(私がそう読んでるだけかも) 一般的には鎌倉大仏が通り名なのかな

 

正式には お寺は大異山高徳院清浄泉寺 というのだ 

 

南無阿弥陀仏の浄土宗のお寺で 大仏が御本尊 銅造阿弥陀如来坐像 もちろん国宝である

 

 

 

南無阿弥陀仏と称えれば 善悪 男女 年齢 身分 などの別なく 万人の救済を本願とされ

 

臨終に際しては 極楽浄土に迎え入れていただけるとのことですよ

 

 

 

元々は 大仏を覆う建物も有ったが 大風や地震で壊れてしまってから そのまま今のような

 

雨ざらしと言えば ちょっと言葉が悪いが 露坐の大仏となっているとのこと  

 

一説では地震の際 津波がここまで到達し それで建物だけ壊れたとの事 本当はどうか解らない 南無阿弥陀仏

 

詳しくはこちらのHPで:https://kotoku-in.jp/

 

 

 

これで最初の大仏のアップに回帰:2019.3.9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

FUJI X-Pro2 + WTULENS 17/16.0   Soft-Focus

 

 

 

2019.03.17 Sunday

家族総出で若布です そうワカメなのです

 

 

 

湘南の海辺では春になると 天然若布の収穫の時なのです

 

漁師さんに聞いたら 最近は海水温が高いので あまり発育が良くないんだそうだ

 

干してあるのを見たところでは やっぱりあまり長くは伸びてなさそう

 

ただ3-4年位前は かなりひどくて 本当に短いものばかりだった時があった

 

海水温が高いと若布が溶けちゃうんだそうです

 

 

 

場所によって海流の流れ方とかの差があるから 発育状態はなんとも言えないですが 

 

新若布を 真水を沸かして湯がいて乾燥させたものは 戻してすぐに食べると歯ごたえもあって とっても美味しい

 

よく店でスーパーとかで売ってる塩蔵若布は ヌルっとしてて食感が今ひとつ その点これは違う 

 

この時期 魚屋さんなどで 50cm位のビニール袋に入って売っている

 

浜では今は 獲って湯がいて洗って干す 家族総出の作業で大変だ

 

 

 

 

湯がいて洗って 家族総出で忙しい

 

 

 

ズラッと並んだ洗濯バサミに 一本一本はさんで干していく

 

 

 

あっちもこっちも若布だらけ

 

FUJI X-Pro2 + Wtulens 17/16.0  Soft-Focus

 

 

 

2019.03.16 Saturday

長谷の浜

 

 

 

極楽坂を下りきって長谷に着いたが 大仏に行く前に またや浜辺に

 

駅にも近いから 浜辺をブラブラ散歩する人も見かける 好きな場所だ

 

 

 

 

最近はウインドサーフィンより パドルで手漕ぎのSUPやる人が多い

 

 

 

 

浜でブラブラ 散歩する人々

 

FUJI X-Pro2 + Wtulens 17/16.0   Soft-Focus

 

 

 

写真と説明を追加