・ SORT   ・  DATE   ・ NOTE   ・  FOTO ・ 
2019.01.16 Wednesday

しがみ付く葉 残された葉

 

 

 

落ちまいと 落とされなかったのか 枯れ葉

 

 

 

 

 

 

 

 

共に FUJI X-Pro2 + 1960 D.Zuiko 30/2.8

 

 

2019.01.15 Tuesday

吊り下がる 垂れ下がる

 

 

蜘蛛の糸 いつ切れるかと 葉かろうじて 残る

 

 

 

 

 

 

 

 

共にFUJI X-Pro2 + 1960 D.Zuiko 30/2.8

 

 

 

2019.01.14 Monday

ある日 一日

 

 

本と 物と 植と 食

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全てGR-D3

 

 

 

2019.01.13 Sunday

飛び出し注意

 

 

右はコンクリートの壁のある高台

 

階段下の道路に子供なんか元気だから 

 

勢い余ってそのまま飛び出る危険があるから柵がある

 

 

 

本当の狙いは高台にある家影の面白さだったんだけど

 

 

 

GR-D3

 

 

撮ってから見たら モノクロで見たら 飛び出し禁止の柵が気になった

 

 

 

 

2019.01.11 Friday

使ってみた COLOR-SKOPAR 35/2.5

 

 

先月下旬に COSINAからライカM互換の ULTRON 35/2.0とCOLOR-SKOPAR 21/3.5が 今月の25日に発売されると聞いて

 

急に 前に買ったけど 使ってなかった COLOR-SKOPAR 35/2.5を使ってみた

 

本来こっちが先だったけど 知人が亡くなったことで なんかちょっとショックだったので 

 

出かけようと 慌てて今朝ブログ更新したときに このレンズで撮った他の写真の方が先になってしまった 

 

 

 

それなので帰ってきてから こっちもアップすることにした

 

FUJIのX-Pro2のカメラの設定がRAWではなく アクロスに設定したままだったので jpegのアクロスのモノクロのみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上すべて FUJI  X-Pro2 + COLOR-SKOPAR 35/2.5

 

 

 

 

カメラに付けた COLOR-SKOPAR 35/2.5

 

 

 

 

 

2019.01.09 Wednesday

雑木林って どう読む?

 

 

雑木林って ぞうきばやし の他に ざつぼくりん て呼ぶ方もあるんだと 訓読みと音読みの違いってな事ではなく

 

なんでもWikipediaによれば ぞうきばやし ってのはクヌギやコナラなどの広葉樹を

 

石炭や石油が燃料になる以前 焚き木にするために 人工的に作られた林で 人里近くに植えられたとのこと

 

枯れ葉や枝も燃料になるし シイタケを栽培するホダ木なんかとかにも利用された

 

 

 

一方 ざつぼくりん とは専門用語で 昭和30年代(1955-1965年)に林野庁が打ち出した 拡大造林の方針のもと

 

自然林を伐採して それをスギとかヒノキなどの 有用樹種を利用する目的で作られた人工林に対し

 

そうでない林を指す言葉で この方針のもとでは いかに優れた原生林であっても ざつぼくりん と呼ばれたとのこと

 

 

 

このWikipediaの ざつぼくりんの説明は チョットややこしいので 簡単にすると

 

 

*建築等に加工するスギやヒノキなど高価な木でも クヌギやコナラ等の 焚き木等にしかならない木であろうが 

 

 自然に生えている原生林をすべて 専門用語で雑木林(ざつぼくりん)

 

 

*人工的に植林されて スギやヒノキなど建築などに 木材として活用される木の林を 人工林(じんこうりん)

 

 

*人工林でも クヌギやコナラ等の 焚き木など消耗する目的で 里山に植えられてる広葉樹林を雑木林(ぞうきばやし)

 

 

 

まあ大体こんな感じかな これじゃ簡単すぎ?

 

 

 

 

里山のぞうきばやし(雑木林)

FUJI X-Pro2 + 1960 D.Zuiko 30/2.8

 

 

 

 

2019.01.08 Tuesday

常緑でないから蔦系じゃないよね

 

 

 

FUJI  X-Pro2 + 1960 D.Zuiko 30/2.8

 

 

 

 

コンクリートの擁壁(ようへき) ようするに土砂崩れ防止壁に這う 何やら植物の根なのか茎なのか

 

なんかアイビーなどの蔦系のようだけど 常緑でないからなんだろう

 

こういうのって すごい生命力 元から断ち切っても 壁に付いてる根から水分を取って 生き延びるんだろうな

 

 

 

 

2019.01.08 Tuesday

駐車場が嬉しい

 

 

使われてない 駐車場の屋根を支える柱 

 

鉄素材の 良いところは 塗装も剥げサビが浮いて 味わい深くなるのが 写真撮りには嬉しい

 

何故かと言うと最近は アルミ素材や合金が増えて 見た目は綺麗かも知れないが味わいはないんだな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いずれも FUJI  X-Pro2 + 1960 D.Zuiko 30/2.8

 

 

 

 

 

2019.01.06 Sunday

 鳥撮り

 

 

とっさに 撮った 鳥

 

たまたま持っていたGR-D3の スナップ設定で だからピント合わせ無しで行ける

 

すばやく撮らないと 何かの拍子で すぐに飛び立ってしまうから 見かけた偶然の機会

 

まあこういうのは ただのスナップで 鳥撮りとは言えないだろうけど 鳥は鳥 

 

 

 

 

GR-D3

 

 

 

 

2018.12.26 Wednesday

到着 大須商店街だがね

 

 

そうやって 大須の中を歩き 赤門通の車と歩行者用が一体になった信号機の前を通り

 

銭湯の仁王門湯を横に見ながら 第二アメ横ビルを遠くに眺めながら 万松寺通に入って門前町通を渡り

 

大須観音に向かう観音通を進んでいけば コメ兵さんのカメラ売り場に到着 とりあえず気に入ったものが無かったので

 

眺めるだけで買い物せず この後はその先の大須観音にお参りして 地下鉄で名古屋駅へ

 

 

 

まるでこのシリーズは錦から大須までの道案内のような感じになってしまったが コメ兵さんに行く目的で歩いたから

 

細かな見どころとかは 全然写してないですが 錦から栄から大須ってとこは東京で言えば

 

新橋・銀座と秋葉原・御徒町や上野に浅草と原宿と青山を混ぜて凝縮したような 飲み屋街からデパートに庶民的な店や

 

ブティックに楽器とかIT系なのがあったりで ゆっくりとあちこち歩き回ると面白いところ チョット褒めすぎかもですが

 

それにプラスして 東京タワーのような名古屋テレビ塔や宇宙船のようなバスターミナルのあるなど   

 

こういう所は大好きで 名古屋に行って時間が有る時は大体泊まるし行きます 食べて飲んで見て買って泊まるに良しだ

 

 

 

これが車と歩行者用が一体になった信号機 全国でも珍しいそうです

 

 

 

 

仁王門の名前の由来は 大須観音に由来してます

 

 

 

 

アメ横といっても東京ではないですよ 名古屋のアメ横しかもビル 第1〜第3まであるなり

 

 

 

 

これからの年末に向けての商店街飾り付け ここはコメ兵カメラ・楽器館の前

 

いずれもFUJI X-Pro2 + 1960 D.Zuiko 30/2.8