項 目   ・  日 付   ・ 紹 介   ・  写 真 
2018.09.22 Saturday

ほぼ ほぼほぼ

 

 

昨日回転ムラがあって ちょっと感触悪いジュピター3のヘリコイドのグリス塗り替えしたが

 

カメラに付けると 最初からちょっと中央を過ぎて止まる それがレンズによりバラバラで

 

精度のいいライカレンズに純正のLM変換アダプターだと中央にほぼピタリと止まるが

 

日本のコシナなどでも ほぼ同じように中央に来るが 古い海外ものレンズなどだと結構ずれる

 

その点がスクリューマウントの悪い点であるが それを逆手にレンズを前に繰り出し

 

近接撮影なんて 裏技も使えるので便利な時もある

 

 

 

中央の指標をオーバーなのが1cm位なので なんかのCMみたいだけど ほぼ ほぼほぼな位までせっかくなら中央にしたい

 

そう思うのが人情じゃなくて 気持ちってもんだから レンズのマウント面に小さくカットしたテープを3枚貼った

 

それだけでもピタリと中央で止めることが出来る このくらいに差であればフランジバックに影響は出ない 

 

アダプターも純正やサードパーティのだ 日本メーカーや中国メーカーなど色々なので 精度の差みたいなもんだ

 

 

 

それとLM変換アダプターで中古屋さんに黒色のがあったので 前に買ってあったので これに変更した

 

レンズマウント径がちょっと小さいので シルバーが目立ったので ちょうど良かった

 

Lマウントはクルクル付けるのが 普段は面倒なので LM変換アダプターをレンズに付けたままで

 

Mマウントのレンズとして使ってるので 1レンズに1アダプターなので テープ貼っても動かさないのでOKなのだ

 

そうなので この黒色の変換アダプターが他に使えないのが ちょっと残念かな 黒のはないのよ

 

 

 

ほんと中古は一期一会なので 後々使うかもしれないなと思うものは できるだけ手に入れておいた方が良い

 

欲しい時が買い時で 二度と出会うことが無いようなものも多い 特にカメラのアクセサリー関係は

 

商品がこまかすぎて店のネットに載らない場合も多いので 高いものでない限りは見つけたら即買いが良い

 

先日有ったあれは?昨日売れちゃったよなんて 今までも悔やんだ事も多かったからね

 

 

 

このレンズは見つけてから数日間あって 店のネットに載っかってから2週間ほど経っていたようだが

 

この元の状態がヘリコイドの回転ムラが有ったためか残ってた 逆にちょっと欠陥があり ほぼ ほぼほぼな状態だったからかな

 

シルバーのは多いが 黒塗装のジュピター3は高いし流通量が少ないから かえって ほぼ ほぼほぼで良かったかも

 

 

 

ほぼ ほぼほぼ に 中央に来た (ほぼほぼ がしつこいか ほぼ)

X-Pro2 + 1963 Fujinon 28/2.8  解放接写アンニュイ写真をコントラスト強めに

 

 

 

 

 

2018.09.21 Friday

Jupiter 3 の感触悪しのヘリコイド掃除 - グリス塗り換えでスムースに変身

 

 

 

通常より安めに買った ジュピター3なんだけど ちょっとピントリングを回すと 回転感覚にムラがあって スムースじゃない

 

それが安いということの要因と思うが 値段をとるか完動品をとるかの差だ

 

なんとか大丈夫そうだったので 値段をとった いつものことだけど

 

工作というほどでもないが 一様レンズの中を開けて 掃除してグリス塗り替えだから 工作に入れた

 

レンズそのものは 掃除されててきれいになってる 開けた痕跡が有るくらいだ

 

 

 

このレンズってのは前の方と後ろの方で2分割されるので ヘリコイドリングから前の絞りリングのところを

 

エイヤッと回すとレンズユニットが付いている部分から外れる もちろんクルクル回すのだけど

 

そうすると ヘリコイドの部分とマウント部が空洞で残り もう一つ調整用のリングも出てくる

 

なんかまとめて作っておいて マウント別にこのリングの高さを微調整して バックフォーカス調整してるような感じだな

 

もちろん近いものしか出来ないけどね レンズユニット共通でマウントの部分を他のにすれば良いんだから

 

このレンズじゃないけど ジュピター9(85/2.0)なんか同じ物でM42とLのマウントのがある

 

フランジバック長は結構差が有るが Lの方の鏡胴長くしてマウントと一緒に換えてある

 

 

 

今回はピントリングの調整なので 下部の方を分解する

 

 

右上のが絞り組み込みのレンズユニット 左がヘリコイドとマウント部 下が調整リング

 

 

 

 

 

 

イモネジを回してピントリングを外し 同じくマウント部も外す

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘリコイド直進用のネジを外すが これらを外す時は ケガキ等して外したところが解るようにしておく

 

また外す前に それぞれのポジションが解るように 写真とっておくと良い

 

 

 

 

 

ヘリコイドをクルクル抜く時に 抜けたところの両方をこれまたケガキしておく事 でないとヘリコイドをまた組む時に厄介である

 

 

 

 

 

 

そうすると 内側のヘリコイドが外れるので それの古いグリスをベンジン等で拭いて掃除して

 

新しいグリスを塗って(多く塗ると回転が重くなるので塗りすぎ注意:好みで調整)

 

又もとに戻すのだが この時外した位置のケガキの印が役に立つ 内側ヘリコイドは左回しで取り付ける

 

 

 

 

 

 

そういうことで外した逆にそれぞれを組み直せば完成

 

簡単な解説でしたが そうするとちょっと古くて グリスが抜けてスカスカのも 逆に固まって回すのが難儀なのも

 

新品のようにとまではいかないかもしれないが スムースにはなるよ

 

 

 

 

フィルターとフード代わりのステップアップリング:フードの役目無いけど保護用

 

 

 

 

 

 

 

2018.09.17 Monday

チャイカ2 組み立てあっけなく出来ちゃった

 

 

 

チャイカ2を どういう風にしようかと 考えてたら

 

加工している皆さんはアダプターを削って フランジバックの調整で取り付けている方が多い

 

それが一番元のレンズを加工しないで 取り付けるのが安上がりだし レンズ保護の意味でも安全な方法みたい

 

なんせレンズユニット自体は出来上がっているので 細かな細工は必要なくて ただただフランジバックを合わせるだけ

 

まあこういうのは細工のうちにも入らないだろうね

 

ちなみにカメラのチャイカはシーガル(カモメ)のロシア語だそうだ

 

レンズのインダスター69は英語のインダストリー69で工業製品69番みたいな意味合いで共産国っぽいな

 

 

 

フルサイズだとやっぱり四隅のカブリとかは面倒なので どうせハーフならもうハーフでいいやと

 

余っていたフジ用のライカM39の変換アダプターでやろうと ねじ込み部分のリングを外しておいた 

 

 

 

昼ご飯食べて削ろうかという体制に入って 元のマウント部の金具の方に

 

あれこれ考えていた時に出してあった 43-46のステップアップリングを付けてたら  すんなり入ってしまって

 

それにレンズを付けてみたら ちょうどレンズの一番下のギザギザリング部分が

 

これ又すんなりと神のご加護かなんかのようにちょうどはめ込むことが出来そうで フランジバック分入って行けそうな雰囲気

 

 

 

両面テープで安定させて それでカメラに仮付けしてみたら すんなりとピントが来るくらいに成った

 

それで零コンマ数ミリの微調整して見たら ピントがOKざんすよ

 

てなわけで ねじ込み部分を削ること無く アダプターのネジを締め付けたら 写真を撮るまでもなく出来上がってしまったのだ

 

又分解して写真撮るのも面倒ですから 出来上がりとカメラに付けた姿だけで 後はよろしくって・・・何がよろしく?

 

で フィルターは22.5mmのが付くけど 付けると絞りが回しにくいのと レンズが奥だからフードと両方無くても大丈夫だろう

 

 

 

調整できるから レンズ指標も真上に

 

 

 

 

これもコンパクトでRF風スタイルのX-Pro2に似合うね これ又28/2.8なので40mm近辺が増えた

 

このレンズ 薄曇りありで あえてそのままにして ソフト感狙い そのうち試しに出かけよう

 

他のもまともに撮ってないのに 増えるばっかし

 

 

 

 

 

同じようなのばっかりと言えばそうなんだけど 要するにハーフ固定レンズのカメラは 大体この位の画角が多いってこと

 

でもみんなパンケーキタイプで 薄くて軽くていいよ 今のレンズはボケ流行りというのもあるが 大きすぎだと思うな

 

 

 

もうAPS-Cのカメラには このあたりのハーフ専用加工レンズがメインで 既成のRF用レンズはフルサイズでとしよう

 

でM42なんかは アダプターを付けてやると ミラーレスでは大きすぎ感がある 

 

この前ebayでドイツから取り寄せたばっかしなのに あーあ余っちゃうな どうしよう

 

結局 無駄買いで いらねやと売っては買いの繰り返し ああ哀れ

 

 

 

 

上段左から:リコーオートハーフ 25/2.8  フジカハーフ 28/2.8  チャイカ2 - 28/2.8

下段左から:オリンパスペンS - 30/2.8  キヤノンデミ 28/2.8  コニカアイ 30/1.9

 

 

 

 

まだ加工途中や 諦めて置いてあるのも有るけど もういいか と今は思うんだけどね

 

だって 明るいレンズが付いてるのは サイズや構造が複雑で 素人の工具なしでは難しいのが多いのだ

 

涼しくなってきたし 撮影だな これからは

 

 

 

 

 

 

2018.09.17 Monday

チャイカレンズをちょっと確かめに

 

 

 

昨日買ったチャイカ2のレンズ インダスター69をα7sにつけて どんな状態なのかを見てみた

 

 

 

昨日も書いたように 径はM39(ライカLマウント)なので LM(ML)変換アダプターで

 

Mマウントのアダプターには付くことは出来るし カメラにも当然付いて写せる

 

ただこのレンズのフランジバックが1.3mm短いので 解放では望遠端が出ないし1m位までしかピントが合わない

 

 

 

 

それにハーフサイズのレンズなのでこの写真のようにフルサイズでは四隅がカブルし右側の部分しかピントが来ない

 

これで無限に合わせて絞り解放で撮っている 近接ではない

 

 

 

 

 

 

APS-C設定で撮ってもご覧の通りで同じく無限で解放で右下しかピントが来てない

 

 

 

f16まで絞ればそれなりに写るが そういう問題ではない 解放でも解像感はともかくピントが来ないと駄目でしょ

 

ということで 何とかまともに付くように考えよう

 

 

 

このLMマウントとレンズを組み合わせれば

 

 

 

 

カメラにつけることは出来るんだが レンズの真ん中の指標は完全に横向きだ 無限も出ない

 

 

 

 

 

2018.08.12 Sunday

リコー・オートハーフのレンズをデジタルで・その5 モノクロでやってみた

 

最近は全ての写真をRAWで撮っているので

カラーをモノクロに変換ではなく

元データからモノクロに変換している

 

この手のレンズはモノクロの方が欠点を味わい等にして

誤魔化すと言ったら語弊があるがふさわしいと思う

 

カラーの方で書き忘れたが

四隅の光量不足は無いが遠景では両サイドが解像しないでちょっと流れがち

 

ということでRAWからモノクロ変換したうえで

パソコンでコントラストとかをちょっといじってある

 

高級レンズと違って淡色から濃色への滑らかなトーンは望めないので

高コントラストな硬調な感じにしてある

 

もっともjpegだってカメラ内でコントラストだとかシャープネスとかを

カメラメーカーの設定で勝手にいじってある訳だから

撮り手さんのさじ加減で調整しても同じことだ

 

フィルムの時代だって印画紙に紙焼きをする時にも

焼きを浅くしたり深くしたりで調整してるのだからこれもまた同じことだ

 

今は自分でパソコンでそのあたりを自分で見ながら直接に調整できるから

というより色んなエフェクトやフィルターもカメラ内に内蔵されていて

色々出来てしまうそういう時代なんだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

X-Pro2 + 1965 Ricoh 25/2.8

 

 

 

 

2018.08.11 Saturday

リコー・オートハーフのレンズをデジタルで・その4 カラーで写してみました

 

出来あがったオートハーフのレンズ活用しての実写

 

今までのをざっとまとめると

元のフィルムカメラは2.5m固定焦点で通常では1/125しか設定できなくて

セレンの電池で絞りのコントロールをするオートマチックなハーフサイズのカメラ

 

それをレンズユニットだけ取り出しデジタルで使えるようにしたわけだが

レンズの作りとかフランジバックの関係とかでMマウントにして

絞りは元のカメラの絞り羽根を利用してf8.0位で固定

フジXマウントへの変換ヘリコイド・アダプターでピント調整が出来るようにした

 

この仕様でやったら最短は約19cm(センサーまで)に近づけた

f8.0位まで絞った設定にしたが固定焦点のパンフォーカスではなく

それなりにピント調整出来る方にした事が写り具合に良い結果が出てるかと思う

 

実は前玉にクモリがあって取れないのもあるかもだが

全体に写りは少しハロっぽくて解像感はあまりない

逆に柔らかい感じではあるがカラー向きではないと思う

 

やっぱり25/2.8の2.5m固定焦点ハーフ用レンズなので

近接から中景くらいまではそれでも何とかなるが

流石に遠景では解像しないのは致し方ない

 

風景などはフィルムで大判で撮っている位で

このレンズにそこまでを期待するのは酷である

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

X-Pro2 + 1965 Ricoh 25/2.8

 

 

 

 

 

2018.08.10 Friday

リコー・オートハーフのレンズをデジタルで・その3 レンズ組み立て

 

やっぱりバラし始めるとその先がどうなるかなと気になるのが人情

 

それで夕食後にフジのXマウントにしようかライカMマウントにしようか

レンズあてがったりするなどしてみたが

Xマウントにするとレンズユニットを前に出さないとピントが来ない

 

Xマウントのフランジバックは17.7mmで

Mマウントは27.8mm(ちなみにLマウントは27.7mm)でその差は11mm

 

元のフィルムの時は約36mm位だったけど

デジタルのフジのカメラの前であてがった時に図ると大体10mm程度前になる

ということはMマウントでやって微調整はなにかシートでやれば良いという事にした

 

そうと決まればとボディーキャップに穴開けてレンズユニットをセットし

諸々で固定して出来上がりカメラにつけてみたらほぼOKな感じ

ただし夜で無限が解像するかは解らないので朝確認したら問題なしで完成

 

最初は開放でやってみたがどうも当然ながら締まりがない

レンズが元々固定焦点2.5mのユニットなので

絞り羽根をf8.0位に絞って長過ぎるためにマウントから出てしまうので

カットして取り付けて固定絞りでしかもヘリコイドアダプターでピント調整も可能とした

まあ絞ってあるからほぼパンフォーカスでは行けそうだけど

それなりにピント位置が調整できてより使い勝手は良くなるだろう

 

例によって素人の手作り感満載ではあるが撮れればいいんです

 

さてさて写りはどうなのかな

 

 

 

 

表からちょっと斜めから撮ったようで絞り孔がちょっとずれて見えるがほぼ中央にはきている

 

 

 

 

 

 

 

 

前から見た時にあまりにもノッペリし過ぎかなと余ってた部品をレンズ周りに付けた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変更追加:コンパクトさは少しスポイルされるが

また別の部品を使ってレンズ周りをいじってみた

 

元のカメラの作りからフィルターとかフードが付けられる仕様ではないため

何かにぶつかった時とかにレンズ保護的には良いかも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.08.09 Thursday

リコー・オートハーフのレンズをデジタルで・その2 レンズ分解

 

 

仕事の合間にちょっとレンズを外してみた

 

絞り羽根を台座部分から外してももう一つネジが付いている

これを外すにはレンズを取らないとネジが外せない位置にある

 

レンズ銅鏡にイモネジがあったのでゆるめたらレンズがクルクル回って前玉と中玉に別れた

後玉はもう一つのネジで台座に固定されていた

 

この中玉と後玉は小さな変形の金属と一緒になっていてこれらは組み合わされるのだが

その間の狭いところに絞り羽根が入る仕組みになっている

 

結局このレンズユニットは台座にねじ切りされたナット部分にネジで固定されていたし

他は絞り羽根の変形金属抑えるネジと共通で固定されていた

台座から外すとユニットにならないでバラバラになってしまう

 

だからレンズユニットにするには台座をやっぱりカットして

マウント部品に組み込みしか無いのかなどなど悩み中

 

またf2.8の開放でMマウントでヘリコイドでフォーカス出来るように出来るか

絞り羽根を何とか入れて絞り気味にして固定焦点的なパンフォーカスで行くか悩むのであります・・・

 

f2.8の開放でもレンズユニットが2.5mの固定焦点でセットされてるから

それでそこそこ撮れるのか駄目なのか

一度組み立てると外して又組み替えるのも面倒だしと悩むなー

 

で今日は悩みながら終了

 

 

 

レンズは上から前玉・中玉・後玉で中玉と後玉の変形な金属の間に絞り羽根が入る仕組み

 

 

 

 

 

 

 

2018.08.07 Tuesday

リコー・オートハーフのレンズをデジタルで・その1 カメラ分解

 

まだ夏休み前だが先日買ったジャンクのオートハーフを

とりあえず分解してみたがどうなるかはまだまだ

 

なんせSSも絞りも機能が付いてないから出来ないし

2.5mの固定焦点のユニットだから

どんな作りになっているかを見るのみ

 

フランジバックが3.6cm近辺なので絞り羽調整して

カメラにあてがったら解像したことは解像したので

どうにかなるかもしれない

 

と言っても絞り固定でSSとISOはカメラ任せで

ただレンズが付いてるというだけなんだけどね

 

なんとかMマウントに出来てヘリコイドアダプターを使えれば

元のカメラでは固定焦点だったけど

その本家にはないピントリングで調整できるレンズとして活かせるけどさてどうなるか

 

 

 

絞りとシャッター羽根は別々であったのでレンズ部分と組み込まれた絞り羽根が外せた

 

 

 

 

 

レンズ部分はこんな台座に付いていて右下が絞り羽根の開け閉め基点部分

 

こういう変形なのは組み込むのに台座をカットしないと組み込むのに難しそう

 

絞り羽根が随分と変形な2枚羽根(レンズ中央)

 

それにしてもナンバーがきりの良い27000に2番足りなかったな

修正:270000でゼロが1つ足りなかった

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.08.04 Saturday

リコーオートハーフのジャンクを手に入れたのだが

 

またもやハードオフのジャンク棚からレンズが曇ったリコーのオートハーフを見つけた

 

ただ単にオートハーフと言っても数ある機種の中でSという名が付いたものだった

とは言ったがどうせバラスから機種は関係ないしレンズは同じだろうから

 

ただ単に当時の理研工学が設計し

富岡光学が作ったレンズと言うだけで使ってみたいと思った次第で

どうなるかなど全然考えていないしどうなるかも解らない

 

なんせ名前の通りオートなカメラなのでフィルム感度設定して(ここはまだオートじゃ無かった)

SSや絞りなど何も設定できないし巻き上げてシャッター押すだけ

果たしてまともにデジタル用のレンズとして活かせるかどうかは全くもって不明なり

 

 

リコーのHPに仕様が載ってた / オートハーフ S

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

発売年月 - 1965年3月
フィルムシステム  -  35mmパトローネ入りフィルム(135)
画面サイズ  -  24×17mm
レンズ   - リコー 25mm F2.8 3群4枚構成(設計理研光学、製造富岡光学)
フォーカス  -  2.5mに固定焦点
シャッター   - セイコーシャ BS 11-2  1/125(AE時) 1/30(フラッシュ時)
露出計  - セレンメーター針押さえ式AE
特徴  -  ユニークなデザイン  調節不要のオートカメラ
大きさ  -  巾 89mm 高さ67mm 奥行き 34.5mm
質量  -  350g
価格  -  13,800円 ケース・ストラップつき
見分けかた  -  シャッターボタンカメラ上に突出    前面にセルフタイマーレバー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

1965年の定価で13800円か

その当時の物価からしてハーフサイズの大衆機とはいえ結構高かったんだろうね

 

レンズが3群4枚ってことはテッサータイプで換算36mm位か

今までいじったのハーフカメラで一番広い画角

 

もっとも今までもハロやフレアや大ボケのレンズじゃなくて

レンズらしいまともじゃないのも多く作ってきたから同じだけどね

 

暑い夏休みの課題としてシコシコ考えようかと

って結局レンズが付いているだけって事かも

もしもモノになったら記事にしよう

 

 

 

X-Pro2 + 1963 Fujinon 28/2.8