SORT   ・  DATE ・   NOTE    
<< WALZ ズームファインダーが有った 買った | main | どこのだろう?なファインダー >>
2020.01.15 Wednesday

カメラとレンズ 今のお気に入り組み合わせ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初に間違いを訂正させていただきます

 

前にオリンパスPEN EE-2から 取り出したレンズと書いていましたが 正確には EE-3でした

 

バラしちゃって おおよその記憶で書いてたのがバレバレ(大汗””””””””””’’’’’

 

このレンズを正確にはというのは 全く同じレンズなので 取り出したら同じものなのです

 

ただレンズ鏡胴に書いてある for Flashの表示が白文字で なおかつ距離の数字がクロームイエローということです

 

これはEE-3でEE-2と見分けるんだと(カメラにも名前書いてあるけどね)ココに修正させていただきます 申し訳ありません

 

 

 

ところで そういうことで このレンズはリコーのGXRで主に使うつもりで作ったのでしたが

 

いろいろ試し撮りとかするうちに やっぱりFujiのX-Pro2の方が 使い勝手が良いということで そうなった次第です

 

やっぱりより最新の機種の方が バッファの性能違いで待ちがない分ストレスがない 連続でシャッター切れる

 

これに勝るものはない と使ってるとよく分かる 自分の意志でシャッターが切れる良さは

 

フィルムカメラで巻き上げて すぐにシャッター押せるのに通じる気持ちよさ

 

書き込みが遅くて待たされるのがない良さは 実感しないと分からない 古いカメラでそういうのはやっぱり駄目だ

 

 

 

ペッタンコの パンケーキならぬクッキーレンズ フジXマウントからMマウントにしてあるから

 

マウントからだと10mm位の厚みしかない それがいいのだ

 

 

 

それで今のお気に入りはこれだ ゆるい締りのない解像感がない それがいいのだ 設定にもよるけどね

 

レンズには昔のセレンの受光部が付いて ファインダーありだから フィルムカメラと思われる

 

それもご老人達だけどね そもそも若い人はセレンの露出計なんかほとんど知らない

 

 

 

 

 

 

 

 

最初に作った時は  GXRはユニットがMマウントなので そのまま付くので

 

フォーカスリングが無く パンフォーカスがしやすいように 小絞りボケを気にしながらだけど

 

絞りの孔をかなり小さくして(f16)みたのですが X-Pro2はヘリコイドアダプター経由でピント調整が出来るから

 

絞り孔も少し大きく(f 8.0くらい)してみたので 普段はパンフォーカスでヘリコイドで超近接まで可能なようにした

 

大体センサーより20cmでレンズ先端からだと15cmくらいまでよれた

 

f8.0くらいにしたら なんか前よりピントが来てる気がする 画像はボケてる風にソフトだけど

 

芯に解像感が出てきた気がする(小絞りボケが無くなったかな) まあ遊びとは言え いい加減なもんだな(自責の念)

 

 

 

以前からGR-D3を使っていたという事でも分かる通り Bokehなのよりパンフォーカスなストレートフォトが好き

 

ドキュメンタ系が好きという傾向なので 絞り込んだ写真が好きなので これが今のお気に入りなのですよ

 

作ったレンズでボケてるのも全体がボケてるのであって いわゆるBokehではないのだ

 

 

 

それとこのレンズでのなんか締まりのないゆるい感じが 主に写したりしてる古い汚いノスタルジック風な

 

そういう雰囲気にあってると思うから 現代のカチッとしてパリッとしてギラギラの色のより好みなのだ

 

 

 

同じこと何回も書いてるけど ブログの過去記事なんかすぐに忘却の彼方 時々は思いを語りたいと思う

 

そういうことで更新止めたけど 書かないのも暇だから ポチポチと

 

それに更新して無くても 調べるか何かで毎日結構な人が 見に来て頂けるから

 

なんかあれば 書いておきますは ではまた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.01.24 Friday

スポンサーサイト

コメント
コメントする