項 目   ・  日 付   ・ 紹 介   ・  写 真 
<< 結局はフジカハーフはレンズ取り出しXマウントへ 〜 1 / レンズ取り出し | main | 結局はフジカハーフはレンズ取り出しXマウントへ 〜 3 / ちょっとだけ試写 >>
2018.06.30 Saturday

結局はフジカハーフはレンズ取り出しXマウントへ 〜 2 / 組み立てたレンズユニット

 

 

今までの経験からこの手のレンズシャッターのハーフカメラのおおよそのフランジバックは

ボディーの奥行きが大体同じ位なのでほぼ28mmくらいであるが

そのレンズの設計でバックフォーカスが若干違うだろうし

作り方の違いもあって取り付けが面倒なのと比較的楽なものがある

 

元々固定レンズのカメラであるから

それを取り出して他のカメラでなんて考えてないから(当然だよね)

それに機構も違うからメーカーとか同じメーカーでもモデルによってバラバラ

それにハーフカメラだからか多くがパンケーキタイプのレンズで

レンズ後端がフィルム面に近くに入り込んでいてバックフォーカスが短い

なのでレンズを固定させるのが結構面倒

 

 

まずは余分な部品をレンズユニットから外していく

 

このレンズは前面にフォーカスリングがあって鏡胴に絞り環があるタイプで

こういうのは絞り作用を活かすのがレンズユニット固定の方法で難しい場合が多い

専門業者や工作が趣味の人は部品を作ったり工具があるから良いが

そういうのがない全くの素人はありものを工夫して作るしかないから大変なのだ

 

このフジカハーフは前回の最後に書いたが比較的こじんまりとしていて

加工には良さそうなんだがネットを見ると

シャッター羽がいろんな部品の奥側で絞り羽根の直前にあるようだ

 

後玉から外して行けばシャッター羽根は絞り羽の裏側にある訳だが後玉が取れない

仕方なく前の方を開けてシャッターの動作を見る

 

このレンズユニットは前玉がヘリコイドで回転するので仕様なので

ただの前玉だと思ってまんぜんと外すとこの部分がヘリコイドで

外す最初と最後を印付けしないとセットする時に後で面倒になるし

これ等を外さないと中をいじれない

 

 

外れる所に印をつけておけば組み立てるときに楽

 

 

前玉を外した状態でリングネジを取ってこれから内部に

 

 

 

ようはシャッター羽が閉じたりしないようにすれば良いわけだから

其れ等の作用する部分にストッパーを入れたりスプリングを外したりして

なんとかレンズシャッター部分は止められた

 

そして元のようにレンズユニットを組み立ててから

XマウントにさせるのにCマウントかLマウントの変換アダプターにする

 

レンズユニットを固定させる台座はどうするかとかバックフォーカス調整で

どれが合うかなど試したりカメラにあてがって諸々の有り物部品とか

元のアルミの台座を切って削って当てたが1mmほどで合わずで調整することほぼ一日掛かった

 

結局Lマウントの変換アダプターに厚紙とプラ板のスペーサーで調整し

ゴム板を細く切ってスペース埋めてとかで無限もしっかり出せて完成

 

 

 

フィルターのレンズ外しやゴム板でリング作ったり削った台座などの候補や使ったものなど

 

 

 

 

このユニットは変換アダプターとの経とほんの少し差があり絞り環が回せる

 

 

 

 

厚紙で台座を作りユニットとの間にプラ板でスペーサー入れて

元の台座止めのリングで固定とねじ込み加減でバックフォーカスの調整

 

 

 

 

変換アダプターが厚み11mmでレンズユニットが10mmで絞りも距離環の両方使えるので完璧

やっぱりフジとフジで相性いいのかね

 

 

 

 

後は写りがどうかだね・・・黒ボディーだとライトグレーの飾り環が目立つな

この手のハーフカメラは絞り羽が少なく四角形とかのが多くチョットね〜

もっとも元々スナップや旅行などの写真が多かっただろうから気にしなかったんだろうけどね

 

 

 

ということでとりあえずテープで黒くしてみた / マットなのでグレーに見える

縁に少しずつリング状にシルバーが出る位でこっちの方が良いかも / テープじゃチョットね塗装しようか考えよう

 

 

 

 

 

 

 

2018.11.20 Tuesday

スポンサーサイト