項 目   ・  日 付   ・ 紹 介   ・  写 真 
<< YASHICA Y35・・・日本で試写 | main | 20年ぶりのモデルチェンジなんだけどJimnyが >>
2018.07.04 Wednesday

結局はフジカハーフはレンズ取り出しXマウントへ 〜 4 / 最短距離を短くさせた

 

 

このフジカハーフのピントは最短で約60cmが基準値なんだけど

もうチョット寄りたいのでストッパーを削ってもっと近くに寄るように

距離環の一部を盛り上げそこで止まるようにした

ようは回りすぎてヘリコイドが外れちゃはないようにすりゃあいい

 

なんの事はなくてアルミ素材なのでラジオペンチでチョットいじっただけ

ようは前にレンズがせり出してくれればいいだけ

それで約28cm位まで近づける事ができた

 

歪が大きくなるとか近距離の目測のピント合わせは

f2.8とはいえ開放ではピンぼけも出やすいので

フィルムの時は最短60cmにしてあるのだろうけど

デジタルではEVFでピントの合い具合を直視できるから

近づけて撮れるほうがいいし歪も納得済みだからこれでいいのだ

まあかなりいい加減だけど写ればいいのだ

まあこのオーバー開放で撮るのも比較的近いもの中心だからな

 

 

 

で撮影結果はというと元の最短60cmで

 

 

 

いじった最短28cmで

 

いずれもX-Pro2 + 1963 Fujinon28/2.8

 

 

 

アルミ素材といえばレンズ前面の飾りリングも黒にしようかなと思っていたが

アルミ素材なので普通の塗料のままでは密着しなくて剥がれやすく塗った時もボコボコ

ミッチャクロンマルチとかの下地材を塗ってから出ないときれいに塗れないらしい

 

アルミのちょこっとの塗装のために買うのもな〜と保留中

 

 

 

 

 

2018.11.20 Tuesday

スポンサーサイト