・S O R T・  ・D A T E・  ・N O T E・  ・F O T O・ 
<< リコー・オートハーフのレンズをデジタルで・その2 レンズ分解 | main | YASHICA Y35 出荷間近かな >>
2018.08.10 Friday

リコー・オートハーフのレンズをデジタルで・その3 レンズ組み立て

 

やっぱりバラし始めるとその先がどうなるかなと気になるのが人情

 

それで夕食後にフジのXマウントにしようかライカMマウントにしようか

レンズあてがったりするなどしてみたが

Xマウントにするとレンズユニットを前に出さないとピントが来ない

 

Xマウントのフランジバックは17.7mmで

Mマウントは27.8mm(ちなみにLマウントは27.7mm)でその差は11mm

 

元のフィルムの時は約36mm位だったけど

デジタルのフジのカメラの前であてがった時に図ると大体10mm程度前になる

ということはMマウントでやって微調整はなにかシートでやれば良いという事にした

 

そうと決まればとボディーキャップに穴開けてレンズユニットをセットし

諸々で固定して出来上がりカメラにつけてみたらほぼOKな感じ

ただし夜で無限が解像するかは解らないので朝確認したら問題なしで完成

 

最初は開放でやってみたがどうも当然ながら締まりがない

レンズが元々固定焦点2.5mのユニットなので

絞り羽根をf8.0位に絞って長過ぎるためにマウントから出てしまうので

カットして取り付けて固定絞りでしかもヘリコイドアダプターでピント調整も可能とした

まあ絞ってあるからほぼパンフォーカスでは行けそうだけど

それなりにピント位置が調整できてより使い勝手は良くなるだろう

 

例によって素人の手作り感満載ではあるが撮れればいいんです

 

さてさて写りはどうなのかな

 

 

 

 

表からちょっと斜めから撮ったようで絞り孔がちょっとずれて見えるがほぼ中央にはきている

 

 

 

 

 

 

 

 

前から見た時にあまりにもノッペリし過ぎかなと余ってた部品をレンズ周りに付けた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変更追加:コンパクトさは少しスポイルされるが

また別の部品を使ってレンズ周りをいじってみた

 

元のカメラの作りからフィルターとかフードが付けられる仕様ではないため

何かにぶつかった時とかにレンズ保護的には良いかも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.08.18 Saturday

スポンサーサイト

コメント
コメントする