項 目   ・  日 付   ・ 紹 介   ・  写 真 
2018.09.15 Saturday

プロと名が付く人は大変だね

 

 

 

本当にもうすぐ始まるフォトキナ前になって色々な新商品が出てきてるが

 

フジからはどうやら中版のGFX100Sの発表が有るらしい

 

1億万画素のソニーセンサーのカメラで 一昨年発表のGFX50Sの上位機種だそうだが 100Sはさて幾らになるんでしょうか

 

https://www.fujirumors.com/breaking-fujifilm-gfx-100s-development-announcement-on-september-25-at-0730-am-new-york-time/

 

 

 

あの同じセンサーを使ったPhase Oneの iXM 100MPは 空撮用とはいえ本体だけでUS$40000だから約450万位だし

 

前のXF100MPカメラ・レンズセットでのシステムで約700万近辺であるから って言っても想像がつかない世界

 

でもドローンなんかで空撮してて海なんかにドボンって 450万が一瞬で・・・いやいやレンズ代も・・・怖いですね〜

 

 

 

以前はプロはフルサイズのでかいのを使わないとプロらしく見えないと言っていたが

 

今やシロートのオジちゃんオバちゃんが たとえAEAFでオートだけしか使わなくても フルサイズの時代

 

プロと名がつくには もちろん写真は機種が云々ではないんだが 大きなフォーマットのを使わないと認めてくれない

 

確かに商業用途で全判のポスターとかには 高解像なのが必要なのかもしれないが ホント大変だね

 

まあプロカメラマンと言っても 色々だけどね アート系から報道やスポーツのマスコミ系とか結婚式場の人とか写真館とか

 

使うカメラも違えば用途も違うが 一見してそれらしく見えないと駄目らしくて ソコソコのお値段を取れないらしい

 

 

 

それに比べて素人は気楽なもんさ だって今は世界中みんなカメラマン 

 

写真なんて機種だとかレンズだとかはなんでも関係ないんだから 好きにやってきゃいいんだもの

 

たとえスマフォだって みんな立派にカメラマン だからプロはその意味でも大変だ〜ね〜

 

もちろん 世の中の仕事人はそれぞれの道でプロだから 大変さは同じだけどね

 

 

 

 

XF100MPとGFX50S

 

 

 

 

 

 

 

2018.09.15 Saturday

 夏の間は行けないから 久しぶりの海岸

 

 

 

夏の間はカメラを持って海岸に行けないのだ (毎年書くけど)

 

ただでさえ盗撮だという世の中 ましてや若い水着の美女 (としておこう)がいっぱいの海岸に

 

海遊びとは縁のないだろう爺さんが カメラ持ってウロウロしてたら もう職務質問だ

 

なので7月はじめ頃から8末までは近づかない 暑いということも有るがね

 

 

 

まあそういうことで 久しぶりの海岸ということに そしたら海の家の残骸もなく

 

去年来た時にはまだシャワーとか電気配線とか有ったから 8月後半に来たかもしれないな

 

すっかり片付けられた海岸に サーフィン習う生徒が8人で先生が2人いて 準備体操を初めていたところだ

 

夏の間は海水浴客でいっぱいだから これからがサーフ教室が盛んになるんだろう

 

 

 

この風景はα7sに40mmレンズで撮ったが こういう構図だともっと広角レンズで撮ったように錯覚してしまう

 

ましてやこれを16:9のフォーマットなら 上下をカットするだけなので もっと広角っぽく感じるかも

 

前にも書いたかもしれないが 私は40mm位のレンズが好きなのだ

 

引けば広角っぽく寄れば標準っぽく撮れて 中途半端なんだけど それが応用広く使えるので

 

1本だけ付けて出かける時は たいてい40mm近辺のレンズにしているのが多い

 

 

 

昔のフィルムカメラで固定レンズのコンパクトは そういえば大体40〜45mm 近辺のレンズが付いているのが多かった

 

そういうことなんだろうと思うのでありますよ 標準の50〜55mm位よりちょっと広めのレンズ

 

今は固定レンズのは28mmとか35mm位のが多いですが 

 

 

 

 

SONY α7s + Nokton Classic 40/1.4

 

 

 

 

 

 

2018.09.14 Friday

ZとRでは 手振れ補正の有る無しの差が大きいのでは

 

 

両方共買う気もないし 細かな性能差なんかも大体でしか見てないんだけど 

 

記者会見でフルサイズミラーレスのキヤノンRには 手振れ補正が付けてないのは

 

熱による云々とかボディーサイズとか言っているけど ほぼ同じサイズの対抗馬のニコンには着いているし

 

先行のソニーなんかは より小さなボディーで付いている なんか言い訳っぽくて苦しいな

 

 

 

手振れ補正が有ると無いでは 一般的には選択の時にかなり評価が分かれると思うがね

 

人によりけりで撮るものも違うのでなんとも言えないですが

 

新機種で専用レンズで新たに買う人の判断では せっかく買うならやっぱりボディーに手振れ補正が付いてる方が良いなと

 

そうすれば 古いMFの各種のレンズでも 手振れ補正の恩恵がある この差は大きいと思う それにフランジバックも短いし

 

こういう機械性能は 後でアップデートでは変更できないので 付いてるにこしたことはない 後悔先に立たずだ

 

 

 

ニコンはデジイチでは負けてるので ミラーレス一眼では何が何でもトップを取るとの意気込みを感じる

 

先行するソニーも有るから もったいぶってないで今ある技術をさらけ出して勝負してきた感がある

 

Z7とZ6を発売期間のズレはちょっとあるが 同時に発表したことも気合が入ってる

 

その点でキヤノンは様子見的な機種で ちょっと淋しいかなと思うんだけど どうなんででしょう 

 

 

 

私は過去に手振れ補正のついた α7M2を使っていて今はそれより古いα7sになったけど

 

SSを早くして手振れを少なくしようと 高感度まで引っ張れるのと使い勝手とデザイン等でそれにしたけど

 

どちらにせよ 手振れを減らすという意味では 付いていたほうが良いと思う 要らなきゃ切れば良いんだから

 

 

 

 

 

 

私の好物? ゴロゴロジャンク こうなっちゃうと嬉しいけど淋しい

RICOH GR-D3

 

 

 

 

 

 

 

2018.09.13 Thursday

アンシャ ホリン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

老人をいたわり 手厚くもてなすこと也

 

古代中国で通常は牛車などに立って乗っていたが 安車とは老人などが座れるように作った車で

 

蒲輪は揺れないように蒲の穂で 車輪をくるみ揺れないようにしたそうだ

 

今で言うシルバーシート 優先席のことみたいな発想だな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は中国上海の地下鉄のシルバーシートならぬグリーンシート 中国は目立つと言うか重要というか

 

そういうのにはグリーンが良く使われてる 警官の制服とかポストとか

 

出入り口の横にグリーンに色変えて 老人・弱者・病人・障害者・妊婦の専用席ってある

 

これは2010年に撮ったけど ちょうど上海万博の年であるけど 

 

まだそれほど海外旅行ブームではなく 空港に行く地下鉄の席が空いていて撮れたけど

 

これの後から近年はもう満席でぎゅうぎゅうでとてもとても撮れない

 

列には並ばないし我先にと座席に座るけれど 電車やバスで老人とかが乗ってくるとすぐに座席を譲る事が多い

 

そういう老人などに対する態度とかは結構日本よりも親切で優しい面もある

 

 

 

 

RICOH GR-D3

 

 

 

 

 

 

この日本のシルバーシートはまだ国鉄だった時に老人や体の不自由な人の為に 席を確保しようと考えた時に

 

解りやすいように座席の色を変えたらというアイデアで 試作品を作ろうとしたら

 

赤字だった国鉄で座席シート生地で残っていたのが新幹線用の灰色のものであったので

 

それで作ったら老人はシルバーとも呼ばれていたので ちょうどこの色で良いじゃないかと

 

名前もそのまま色のシルバーシートと呼ぶことになったそうだ と大体そんな事を前にTVでやっていた

 

 

 

 

 

 

2018.09.12 Wednesday

PhotoRumorsにもNot goodなんて書かれちゃってる - YASHICA Y35

 

 

 

今日PhotoRumorsからYASHICA Y35の記事が届いた 読んでみたらこれを書いた人の意見では有るが もう散々

 

フィルムカメラのYASHICA GSNと比べちゃ駄目ですよ 買ったブランドで似たようなもの作っただけなんだから

 

そりゃ ファッションアイテムのトイカメラだから 普通のカメラの範疇で判断したら駄目ですよ

 

 

 

あまりにも評価が低いのでここに書くのもはばかれるが;

 

トイぽくって作りは良くなく レンズは小さくファインダーは普通のガラスで シャッターはいくつかの問題があり

 

写真は撮れるけどシャッター押した時に 音と共に点く紫のライトが時々点かない 画質も良くない

 

自分のスマフォなんかの方が良い 大体の意見はこうで 総じてNO GOODだそうだ

 

よく見たらYouTubeの動画も載っけてるからIndiegogoに書いた人と同じではあるようだな

 

 

 

まあ最初から追いかけてた私としては まあそんなもんかと思うが

 

何度も書くが普通のカメラだと思ったら駄目ですよ

 

https://photorumors.com/2018/09/11/the-yashica-y35-digifilm-camera-is-now-shipping-and-the-initial-feedback-is-not-good/

 

 

トイカメと最初から思ってた人は まあ良いんじゃないと言うだろうし

 

普通のカメラと思ってた人はがっかりだろうし 皆さんの所に届いたら反応はいかに・・・

 

 

 

 

flickrより YASHICA Y35 sample photos

 

 

 

 

 

これらを見る限り 普通だろと思うけどね 

 

 

 

 

 

 

 

2018.09.12 Wednesday

パイオニアが何とか持ちこたえたけど

 

 

 

パイオニアが9月危機を何とか乗り越えたという記事を読み

 

かってのオーディオ御三家はサンスイ倒産やビクターに吸収合併のケンウッド(トリオ)と

 

オンキョーと合併したこのパイオニアとみんな駄目になってしまったな

 

オーディオ関係が駄目になったのは 今はiPodなどで大掛かりなアンプやスピーカーなども使わないし

 

小さなCDラジカセなども 音楽のDLなどでCDを買わないとかが大きいし

 

たとえ若者が昔のレコード等を聞くとか少しの復活はあっても やっぱり主役じゃないしね

 

 

 

我が家も国内外のオーディオ機器もあったが レコードも今はもうしまっちゃってて 

 

CDなんかも最近はパソコンに入れて聞いちゃってるし DLもするしで手軽になってる

 

今はレコードもデジタル化出来るプレーヤーもあるしで 随分世の中変わってきちゃった

 

 

 

でもパイオニアは他のカーナビとかに転換して頑張ってたのに苦しんでるし 時代の変化は産業構造まで変えちゃう

 

かえって小規模でもマニア向けで生き残ってたりする 日本では無名のローテルとか海外製と間違うアキュフェーズとか

 

ティアックなんかもアメリカのギブソンとなんだかんだあったけど 頑張ってるね

 

 

 

オーディオマニアといえばの秋葉原も パソコンから携帯やスマフォへはまだ関連があるが AKB劇場が出来てから

 

今や畑違いのアイドルやアニメやコスプレにメイド喫茶など様変わり ただオタク文化は残っているがね

 

そりゃオーディオ・メーカーも寂しくなるのは時代の流れで仕方ない また戻ったりの繰り返しかもしれないが

 

どの業界もいつまでも我が世の春とはいかないね こういう現状になってしまった大きな原因のappleだって

 

一時期は倒産しかかった位で その頃Macの愛用者はappleの株買いましょうなんて広告が 入ってきたくらいだったから

 

その時に買っていれば 今は幾らになってたかな〜

 

 

 

 

かつてはオーディオや電気物(電子小物なんかはまだ健在だけど)

 

 

 

 

 

 

 

今はアニメとメイドカフェ(ちょっと古い2010年の写真ですが今もあんまり変わってないな・・・)

 

 

 

All : RICOH GR-D3

 

 

 

 

2018.09.11 Tuesday

ミニ炎上中のYASHICA Y35の店頭動画

 

 

 

先日来YASHICA Y35が出荷するとか言っているのに 出荷というメールもないしカメラは届かない人ばかりで

 

皆さんのコメントがミニ炎上中なのだが 香港のデパートのレーンクロフォードに展示販売しているとのことだったので

 

香港の女性が見に行ってYouTubeにアップしていた

 

 

 

 

実物が確かに有ることはあって使えるけど やっぱりファッションアイテムっぽいトイカメラ的な作りかな

 

見に行った人はLOMOなんかよりプラスティック的ではないとは書いてあるが 操作系はあまり良くなさそうな感想

 

売りのdigiFilmは本物より小さくて軽いと書いてあるが ビデオを見る限るではカメラへのセットがきっちりしてなさそうで

 

中に入れるだけでフワフワしてるけど この人が操作に慣れていないからか不明だが

 

もっとカチッとしたはめ込む感じが欲しいね

 

これの特徴の巻き上げレバーの感触も感想では良くないようだし どんなもんなんでしょう

 

アップした彼女はIndiegogoの方みたいだけど 出来れば返金して欲しいと言っているのが物語ってるね

 

 

 

 

 

 

これを見て後は到着を待つ皆さんが 怒りが少しはおさまるとは思うが

 

相変わらずコメントへの返事はないし はっきりしない会社だな

 

今後こういうkickstarterのファンディングのような事をやっても 支援者は少ないかもしれないね

 

もっともアイテムが違えば 同じ人が支援に回るわけじゃないから 解らないけどね

 

 

 

2018.09.10 Monday

カメラ画質の優れたスマフォはどれ?

 

 

9月7日のデジカメウォッチにMMD研究所が スマフォのブラインドテストを行い

 

カメラ画質の良いと言われるものの調査結果をを発表していた

 

 

 

スマフォは5機種で「AQUOS R2」「Galaxy S9+」「HUAWEI P20 Pro」「iPhone X」「Xperia XZ2 Premium」

 

画素数もそれぞれ違うしレンズ数も違うので単純にどれが良いかとは言えないとは思うが 普通に販売されているから仕方はない

 

詳しくは解らないがそれぞれのメーカーの代表的機種かと思う

 

 

 

詳しくは記事を読んでもらえれば良いのだが 18〜69才の男女1800人に19のシチュエーションの写真と1つの動画を見せ

 

それぞれのシチュエーションで最もキレイに撮影されていると思う写真と動画をひとつずつ選んでもらい

 

各シチュエーションで獲得した票数の平均値を出したそうだ

 

 

 

トータルでの評価で静止画の獲得数が一番多かったのがHUAWEI P20 Proだったそうだ

 

このスマフォは中国メーカーの中国製造であるが 中国メーカーって細かなことは気にせず性能アップで

 

グイグイと押してくるイメージが他のものでもある 韓国も同じような傾向で少しくらいのミスは後で言い訳する的な感じだ

 

まず思いついたら やってみようという感じ 日本メーカーは完全にスマフォでは乗り遅れだったが

 

最近はシャープが鴻海の配下になってから後の機種の評判が良くなって来ているね

 

動画ではシャープのが一番評判良かったようだ

 

 

 

中国製では以前にはXiaomiで最近ではOPPOとか次々に伸ばしてきてHUAWEI含め勢いがすごい

 

日本ではappleとiOS人気がすごいから当分はトップを維持だろうけど

 

値段の問題もあってこれからは徐々にシェアも変わるだろうね なんか契約条件とか変わりそうでまだ解らないけど

 

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1141984.html

 

 

 

 

中国の apple store 上海浦東店 / 入り口付近で店は地下 貿易戦争で今後の展開はいかに

 

 

 

 

 

2018.09.09 Sunday

着いたとかフェイクユーザーだとか - 新たな展開 - YASHICA Y35

 

 

 

digiFilmという新しい発想のデジカメ YASHICA Y35であるが

 

キックスターターで賛同者を集めて生産になったのは良いが 納期遅れが4ヶ月あり 一様出荷は初めたとのことだが

 

届いてないし出荷するよとのメールもないと 詐欺だとか嘘つきだとかが言う人まで現れたのは 先日書いたが

 

香港に住むという人から 届いたという報告があって それに対してフェイクユーザーだとかいう人もいて

 

同じ香港在住だけど メールもカメラも届いてない人もいるし てな状態のようだ

 

 

 

皆さんかなり頭にきている状態なのだけど 香港の会社なのだから 

 

香港に住む人には出荷が国内か隣の広東省あたりだろうから 早いやねそりゃ 

 

同じ香港でも何番目くらいの人に着いているか解らないけど それが解って遅めの番号の人ならまた火に油か

 

 

 

この香港在住者はフェイクユーザーじゃないよと言っているので 本当なら何番目で何日に着いたとか

 

もう少しの情報を出してもいいのにと思う 英語が苦手だと書いてあるが

 

それを英語で書けるくらいなら何番目で何時着いた位たわいない言葉だしね

 

まあ雰囲気からして 多くの人にはボチボチ付く頃で国際配送の人には もう間もなくだとは思うよ

 

 

 

ただこの出荷遅れな状態なのに 新たに小売店での展示なんかを初めたとの写真をアップしたもんだから 

 

賛同者で資金を出した人達の怒りに火を付けてる・・・そんなのやる前に出荷するのが普通だろう的なコメント

 

一様出荷を終えた10月中旬から店では仮注文受けるとは書いてはあるが まあ実体はどうなんだろうね

 

数時間ごとに情報も変化するからまた知らないうちに進展があるかもね

 

 

 

でも小売展開は別の商売で 賛同して出資した人がいたからこそ 製品化出来たわけで

 

そういうところがやっぱり日本人の感覚とは違うなと感じるね 遅れている時も一度は謝ったような感じだったけど

 

二度目三度目の遅れの時は正式には謝ったコメントしてないのは お国柄かもしれないが国際的にはどうかと思うな

 

 

 

何でもLane Crawford(レーン・クロフォード)にコーナー展開しているとのこと

 

香港の高級デパートだね 写真店じゃなくてファッション系なのね あくまでもファッション的な立ち位置で売りたいんだね

 

まだここでは仮注文で手には入らないとのことだが 触ることは出来そうなので

 

手に入れてない人々が頭にくるのもよく解るね

 

前に出来上がってるよとかの動画は これらのディスプレイ場所の展示絡みだったみたいだからね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

YASHICA HPより レーン・クロフォードでの展開風景

 

 

 

 

 

 

2018.09.09 Sunday

地球は丸い レンズも丸い

 

 

 

カメラの画像サイズって いわゆる世間で言うフルサイズって 36*24mmだよね

 

このサイズっていうのは コダックの規格名であった135フィルムで35mmフィルムのことなのだが

 

そのフィルムをライカが元々シネサイズの18*24mm判の2コマを1コマとして使ったので

 

36*24mmが普及して今に至っている それだけ影響が大きかったのだな

 

 

 

 

昔は四角形のフォーマットが普通にあったが これのほうがレンズは丸いのだから 地球も丸いし(関係ないけど)

 

その真中を切り取って四角にするほうが 理にかなっていると思う

 

そうならば四隅が光量不足で暗くなるとか 収差で歪むとかは無くなる率が高くなるよね 

 

横長なら隅まで解像するようにより 大きなイメージサークルのレンズを作る必要が出てきちゃう

 

 

 

 

てここまで言い訳がましく書いたのも 横長フォーマットで四隅がカブルなら

 

その四角フォーマットでカブル部分をカットしてしまえば 中央のいいとこを使って写真ができると言うことになるよね

 

 

 

 

この7sで無理やりハーフサイズのイメージサークルのレンズを使う時は そう四角フォーマットが良いのだけど

 

ソニーには1:1ってなフォーマットが設定に入ってないのだ 今時のカメラでそれも高価な方であるにもかかわらずだ

 

3:2と16:9しかない 16:9があるのはソニーだからテレビでの鑑賞なんかも考えてって 誰でも思うよね〜

 

でそのテレビで1:1なんか見ないよね〜 だからなのかと勘ぐっちゃうな 1:1作るなんて簡単なのにな

 

 

 

 

だから勝手に1:1にしてしまおう 後でトリミングでいじりゃいいけど それこそそれで撮影なら感フレーミングが必要だけど

 

広めに撮っておいて四角形でグリグリ構図動かして作っちゃえばいいか ひと手間掛かるけど

 

フルサイズから目一杯四角でカットすれば このカメラの場合約800万画素になる

 

 

 

 

というわけで四角にカット

 

左上水面のターコイズブルーを入れた買ったのでカットがかたよってるけど

 

 

 

 

 

元のフルサイズではこんな感じ / こういう場面なら四隅がかぶって暗くなっても雰囲気はあるが隅はやっぱり流れちゃう

 

SONY α7s + 1960 D.Zuiko 30/2.8 Halfsize Olympus-Pen S lens