・S O R T・  ・D A T E・  ・N O T E・  ・F O T O・ 
2018.06.30 Saturday

結局はフジカハーフはレンズ取り出しXマウントへ 〜 2 / 組み立てたレンズユニット

 

 

今までの経験からこの手のレンズシャッターのハーフカメラのおおよそのフランジバックは

ボディーの奥行きが大体同じ位なのでほぼ28mmくらいであるが

そのレンズの設計でバックフォーカスが若干違うだろうし

作り方の違いもあって取り付けが面倒なのと比較的楽なものがある

 

元々固定レンズのカメラであるから

それを取り出して他のカメラでなんて考えてないから(当然だよね)

それに機構も違うからメーカーとか同じメーカーでもモデルによってバラバラ

それにハーフカメラだからか多くがパンケーキタイプのレンズで

レンズ後端がフィルム面に近くに入り込んでいてバックフォーカスが短い

なのでレンズを固定させるのが結構面倒

 

 

まずは余分な部品をレンズユニットから外していく

 

このレンズは前面にフォーカスリングがあって鏡胴に絞り環があるタイプで

こういうのは絞り作用を活かすのがレンズユニット固定の方法で難しい場合が多い

専門業者や工作が趣味の人は部品を作ったり工具があるから良いが

そういうのがない全くの素人はありものを工夫して作るしかないから大変なのだ

 

このフジカハーフは前回の最後に書いたが比較的こじんまりとしていて

加工には良さそうなんだがネットを見ると

シャッター羽がいろんな部品の奥側で絞り羽根の直前にあるようだ

 

後玉から外して行けばシャッター羽根は絞り羽の裏側にある訳だが後玉が取れない

仕方なく前の方を開けてシャッターの動作を見る

 

このレンズユニットは前玉がヘリコイドで回転するので仕様なので

ただの前玉だと思ってまんぜんと外すとこの部分がヘリコイドで

外す最初と最後を印付けしないとセットする時に後で面倒になるし

これ等を外さないと中をいじれない

 

 

外れる所に印をつけておけば組み立てるときに楽

 

 

前玉を外した状態でリングネジを取ってこれから内部に

 

 

 

ようはシャッター羽が閉じたりしないようにすれば良いわけだから

其れ等の作用する部分にストッパーを入れたりスプリングを外したりして

なんとかレンズシャッター部分は止められた

 

そして元のようにレンズユニットを組み立ててから

XマウントにさせるのにCマウントかLマウントの変換アダプターにする

 

レンズユニットを固定させる台座はどうするかとかバックフォーカス調整で

どれが合うかなど試したりカメラにあてがって諸々の有り物部品とか

元のアルミの台座を切って削って当てたが1mmほどで合わずで調整することほぼ一日掛かった

 

結局Lマウントの変換アダプターに厚紙とプラ板のスペーサーで調整し

ゴム板を細く切ってスペース埋めてとかで無限もしっかり出せて完成

 

 

 

フィルターのレンズ外しやゴム板でリング作ったり削った台座などの候補や使ったものなど

 

 

 

 

このユニットは変換アダプターとの経とほんの少し差があり絞り環が回せる

 

 

 

 

厚紙で台座を作りユニットとの間にプラ板でスペーサー入れて

元の台座止めのリングで固定とねじ込み加減でバックフォーカスの調整

 

 

 

 

変換アダプターが厚み11mmでレンズユニットが10mmで絞りも距離環の両方使えるので完璧

やっぱりフジとフジで相性いいのかね

 

 

 

 

後は写りがどうかだね・・・黒ボディーだとライトグレーの飾り環が目立つな

この手のハーフカメラは絞り羽が少なく四角形とかのが多くチョットね〜

もっとも元々スナップや旅行などの写真が多かっただろうから気にしなかったんだろうけどね

 

 

 

ということでとりあえずテープで黒くしてみた / マットなのでグレーに見える

縁に少しずつリング状にシルバーが出る位でこっちの方が良いかも / テープじゃチョットね塗装しようか考えよう

 

 

 

 

 

 

 

2018.06.29 Friday

結局はフジカハーフはレンズ取り出しXマウントへ 〜 1 / レンズ取り出し

 

 

梅雨の間っていうけどあんまり梅雨らしくない今日この頃

と思っていたら関東地方は梅雨明けだと・・・早っ

 

まあそんな話は置いといて

仕事がチョット忙しかったので

梅雨の間にどうするか考えようと脇に置いておいた例のフジカハーフは

やっぱり有効に使えるのはレンズ取り出しデジタルだろうということで

フジXマウントで使うべしと取り出した

 

フジXマウントでフジノンレンズは名前だけは純正のようだけどそうじゃない

FUJICA Half のカメラ固定レンズでFUJINON 28mm/2.8 

 

このカメラはキヤノンのデミと同じく構造がモナカスタイルで

軍艦部だけを開けられない構造になっている

ファインダーの掃除などのメンテナンス考えると

非常に扱いにくいボディーで貼り皮を取らないと

中が一切開けられない構造になっている

 

丈夫さから言ったらこれの方が良いんだろうけど

メンテナンスのことも考えてくれよなと言いたくなるだろう

 

 

FUJICA Halfのレンズ取り出し前の姿

 

 

 

 

貼り皮を剥がして表側と裏側に分けるモナカスタイルのボディー

 

 

 

レンズユニット固定のネジが奥にあるのでシャッターなどの部品を外さないとならない

 

 

 

 

無事にレンズユニット取り出し

 

 

 

 

このフジのカメラは結構シンプルな作りのユニットで加工しやすそうでホットした

 

ただ問題なのがこれからでレンズシャッターを外したり止めたりした上で

バックフォーカスを合わせてどうXマウントに組み立てるかが大きな問題なのだ

 

しばし所有してる部品で足りなきゃ買って熟考し

色々試して探らなきゃならないので

この後は次回に

 

 

 

 

 

 

 

2018.06.29 Friday

さてイヨイヨ

 

 

 

ワールドカップも決勝トーナメントだね

 

まあ賛否両論あるがとりあえずグループリーグ突破オメデトウ

 

 

 

                                                                                                                  

                                                                                                                                                                                 

X-Pro2 + Hexason 30/1.9

 

 

 

 

 

 

2018.06.28 Thursday

BLUE

 

オメデトウ

 

ガンバッタ

 

さてどっちだろう

 

 

 

X-Pro2 + Hexanon 30/19

 

 

 

ガンバレ

 

 

 

 

 

 

 

2018.06.25 Monday

ブルー

 

 

X-Pro2 + Hexanon 30/1.9

 

 

 

 

 

2018.06.24 Sunday

釣り禁

 

 

わざわざ書くんだからここでの釣り人多いんだろうか

それとも作業に支障があるからか

禁止ってのは危険だからって場合もあるし

やっぱり守らなきゃね

 

 

 

X-Pro2 + Hexanon 30/1.9

 

 

 

 

 

2018.06.22 Friday

キックスターターでロモからスクエアなインスタントカメラ

 

皆さんからプロジェクトに対して賛同していただき

資金を集めて製品化するキックスターターで

ロモからスクエアな画面のインスタントカメラの開発が発表されている

 

https://www.kickstarter.com/projects/lomography/the-diana-instant-square-camera?ref=dllvnr

 

 

左:スペシャル・エディション  右:クラシック・エディション

 

 

 

その名もDiana Instant Squareでクラシカルなフォルムと独特の色使いなボディーに

インスタントフィルムは先般発売された富士フィルムのインスタント・スクエアを使い

レンズ交換が出来るものになっている

 

 

 

製品の細かな日本語のページは下から

https://microsites.lomography.com/diana-instant-square-camera/jp/

 

 

キックスターターで目標金額に達すれば製品化するのだが

もうすでに達成されていて

通常は目標数量で打ち切りになるのだが

今回これは最終日の設定があるが数量の制限はないものだ

ただ早くに申し込んだ人へのサービスプライスとかスペシャル・エディションは6/22午前中の時点で残り5時間位だ

 

要するにプロジェクト期間中に申し込めば

通常の価格より早くしかも安く手に入るということだ

ただ値段に関してはこの手の商品は通常価格より

ディスカウントされて売られるからそのメリットはあまりないかもしれない

ただしスペシャル・エディションは限定カラーなので通常は流通しないであろうと思う

 

これらのファンディングは開発の意気込みに賛同して事前に資金を提供しお助けするというのが

本来の目的なのでその点に意義を感じて参加するのが筋なのかもしれない

 

富士フィルムのスクエアなカメラは固定レンズで結構まともな写真だけれど

こちらはロモらしくビレット効果なものや光漏れなどの要素やソフトフォーカスに多重露光に

いかにもロモっぽい色合いなどとレンズ交換での多様性など

富士フィルムのデザインとは違ったクラシカルなデザインで女子ウケする要素が多そう

 

 

 

 

 

 

写真はすべてキックスターターのロモのDiana Instant squareのサイトから

 

 

 

 

ロモグラフィーは従来のきっちりキレイにという写真の概念から

遊びの要素を入れ堅苦しいものからの脱却し色々チャレンジしている面白い会社だ

 

従来の写真はこうじゃなきゃというお硬い方々からはヒンシュク多いが

こだわらない若い方々には以前からよくフィルムで使われている

スマフォの写真アプリもそうだけど気楽に楽しむのが今風なのかもしれないね

 

http://www.lomography.jp

 

 

 

 

 

2018.06.18 Monday

朝から

 

大阪周辺での大きな地震

関東でも最近あちこちで地震

東南海トラフの地震の話もきくけど

小さな地震の繰り返しで

地震エネルギーを発散させて

大きな地震は避けて欲しいものだ

 

 

 

X−Pro2 + ベス単

 

 

 

 

2018.06.15 Friday

 

意味ありげな構成

 

 

X−Pro2+Heaxnon 30/1.9

 

 

 

 

 

 

 

2018.06.14 Thursday

切り取るとなんだか

 

ロビーに差し込む光の中で並んだ椅子

 

切り取るとなんだか解らないときが

 

 

 

X-Pro2 + Hexanon 30/1.9